くわばら行政書士事務所

外国人の雇用が終了したときに会社がするべき手続きとは?

無料相談はこちら

外国人の雇用が終了したときに会社がするべき手続きとは?

外国人の雇用が終了したときに会社がするべき手続きとは?

2024/02/22

 外国人の雇用を終了した場合、事業者は「中長期在留者の受入れに関する届出」を提出するよう努めることとされています。

 具体的には就労資格のうち、法務省令で定める在留資格(「教授」「高度専門職」「経営・管理」「法律・会計業務」「医療」「研究」「教育」「技術・人文知識・国際業務」「企業内転勤」「興行」「技能」「介護」)を有する中長期在留者を受け入れている機関は、その中長期在留者の受入れを開始(雇用・役員就任等)又は終了(解雇・退職等)した場合には、14日以内に法務省令で定める事項について、出入国在留管理庁長官に対し、中長期在留者の受入れに関する届出を行うものとされています。

 尚、この届出を行わなかったとしても刑罰を科せられることはありませんが、所属している外国人の方々の在留期間更新等の許可申請時に事実関係の確認を行うなど審査を慎重に行うことがありますので、届出を行っていただくことをお勧めします。

 

 事業主様の、外国人雇用に関する様々な悩みは当事務所が解決いたします。是非一度、「くわばら行政書士事務所」にご相談ください。初回相談は無料となっておりますので、お問合せフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

----------------------------------------------------------------------
くわばら行政書士事務所
埼玉県越谷市レイクタウン8-1
D'グラフォートレイクタウンA206
電話番号 : 090-2420-0634


埼玉県で適切に進める外国人雇用

埼玉県で取得できる在留資格

----------------------------------------------------------------------

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。